お知らせ

★12月のキャンペーン【肩甲骨はがし】開催中!!
お得な期間中にぜひお試しください♪ 詳しくはコチラ

★時間限定でお得♪ 【シミ・しわ・たるみ・抜け毛改善】
頭顔集中コース 詳しくは コチラ


肩の症状でお悩みの方

肩の症状には凝りや痛み、腕が挙がらない、だるさやシビレ、などの症状がございます。

肩こり
姿勢が悪く、猫背になり両肩が前に出ることで、背中は常に伸ばされた状態になります。これによって血行不良が生じ、筋肉は硬くなってしまいます。
長時間の同じ姿勢が続く状況をいえば、パソコンでの作業、長時間の運転、家事、などさまざまで、日常生活に起因するものがほとんどです。       


●治療法
※当院では治療プラス予防を同時に行えるようなプログラムを提案しております。
 
操体法や按圧、ストレッチ、牽引、テーピングなど、その方の症状にあった治療法を選択します。
背筋群の運動療法も同時に行います。


   
肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)
40才から60才に生じやすい肩の痛みと運動制限をともなった症状の俗称です。
なぜそういった症状が生じるのか原因はまだはっきりしません。
五十肩と似た症状に腱板断裂や石灰化腱炎など鑑別が必要な病態がございますので、医師による診断が必要となりますが、どれにもあてはまらなければいわゆる「五十肩」となります。
夜間に痛みが生じるのも特徴的です。



治療法

※当院では治療プラス予防を同時に行えるようなプログラムを提案しております。


アイスマッサージや温熱療法、操体法や按圧、ストレッチ、牽引、テーピングなど、その方の症状にあった治療法を選択します。
また滑車運動療法を行い、肩の可動域を拡大していきます。   


腱板損傷
       
肩を使い過ぎると棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋が摩擦をうけて傷んだり、年齢を重ねると腱自体が弱くなり、日常的な動作で痛みが生じることがあります。


治療法

※当院では治療プラス予防を同時に行えるようなプログラムを提案しております。


固定やアイスマッサージや温熱療法、操体法や按圧、ストレッチ、牽引、テーピングなど、その方の症状にあった治療法を選択します。
また滑車運動療法を行い、肩の可動域を拡大していきます。

関連記事:
 
 どうして肩がこるのでしょう?